イメージテキスト

ごあいさつ

イメージテキスト

日本の産業・経済・文化そして国民生活を支える社会的インフラである道路は国民にとって重要な資産であります。中でも、その中枢の大動脈であります高速道路は、有料道路として整備され、お客様が支払われる料金によってその建設費、維持管理費などが賄われております。この意味において、通行料金を正確かつ確実に課金する料金収受システムは有料道路の根幹をなす重要なシステムであります。

当社は、1966年(昭和41年)の設立以来、この有料道路の料金収受システムの保守メンテナンスを中心に、料金収受システムに関するトップサポート会社として、邁進してまいりました。様々な社会インフラが老朽化し保守メンテナンスの重要性が叫ばれておりますが、当社はメーカーに頼らない自らの力で保守メンテナンスを行う会社として保守技術を磨き、新しい技術の修得にも日々努めております。

世の中の科学技術の進歩につれ、料金収受システムも変遷を重ね、情報通信を使ったETCシステムが普及し、インターフェイスを通じて、そのデータが従来のシステムに取り込まれ、そのデータ保全に万全を期すことが当社の重要な使命となっております。また、現在、高度情報化が急速に進み、道路においても、人と道路と車両を一体のシステムとして構築し、渋滞、交通事故、環境悪化などの問題解決を図るITS(高度道路交通システム)を目指した様々な取組みが行われております。料金収受システムについてもその一環として色々な議論がなされております。当社は、こうした最先端の動きに遅れることなく、保守技術を活かして新たなシステムの構築に関与してまいります。

このほか、当社は料金所周辺の工事、料金機械以外の情報通信機器のメンテナンス、システムソリューションなどにも積極的に取り組んでおり、今後もネクスコグループの一員として、これまで培った技術を活かして、高速道路を利用されるお客様へのサービスにさらに磨きをかけるとともに、さらに高度な技術を持ったエキスパート集団を目指して研鑚を続けてまいります。

ハイウェイ・トール・システム株式会社

イメージ
代表取締役社長
村山 和夫