イメージテキスト

イメージテキスト

高速道路は日本経済の発展に欠くことの出来ない社会基盤であり、HTSはまさにその中枢である料金収受システムをサポートしています。
 高速道路が日本中を網羅する大動脈となった今、HTSの機能と役割はいっそう重要なものとなっています。

高速道路の料金収受システムが1963年の名神高速道路開通当初の「パンチカードシステム」から始まり、1980年に導入された「磁気カード方式料金収受システム」、そして2000年に登場した「ETCシステム」へと変遷する中、HTSはその流れにつれて変容する技術に応え、常に質的向上を目指し、確実な料金収受システムのメンテナンスを担ってきました。

優れたサービスをお届けしたいという心と、蓄積された技術力と、万全なサポート体制等これまでに培ってきた実績により、高い信頼をいただいています。

これからも料金収受システムメンテナンスの第一人者として確固たる技術力をもって、優秀なスタッフと充実した設備で、24時間365日、全国に広がる日本の大動脈を的確に、そして万全にサポートしていきます。

イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ